不妊 悩み

どんぶり勘定主婦の貯金始めます日記

貯金ゼロの40代主婦、老後に向けて貯金始めます。

不妊の末に見えた境地 不妊の悩み


40歳、専業主婦です。夫と子供の3人家族です。

 
今は1歳の子供がいますが、

長らく不妊で悩んでいました。

 

 
30歳で結婚し、約10年ずっと子供がほしかったのですが、

できませんでした。

 

 

この10年間、流産をしたり、

不妊治療をしたりといろいろありました。

 
親や友人に「子供はまだ?」と聞かれるのがとても辛かったです。

 

 

友達に子供が生まれるたびにお祝いを贈ったり、

見に行かなければいけないのも辛かったです。

 

 

仲の良い友達から、子供ができた報告を受けるのが恐怖となったり、

子供の話題の時は、笑っているつもりでも、

顔が引きつってしまうのをどうしようもできませんでした。

 

 

それで友達とはだんだん連絡を取らないようになりました。

 

 

心が狭い、弱い人間だと思っていますが、

その時はもうどうしようもなく、寂しいことですがそれが最良の選択でした。

 

 

でもそのおかげで無理をするストレスが減ってだいぶ楽になりました。

 

 

もしかしたらそれで妊娠できたのかもしれません。

 

 

出産しても祝ってくれる友達はほとんどいませんが、

仕方がないことだったと思っています。後悔はしていません。

 

 
友達は離れることができても、

親せきや職場の人たちからは逃げることができません。

 

 

帰省も気が重かったです。

 

 

姑が少し意地悪な人で、

親せきの子供を私の前で見せつけるようにかわいがるのもむかついていました。

 

 

私がひねくれていてそう見えていただけかもしれませんが。

 

 
私も子供がすごくほしかったけれど、

夫もほしがっていました。

 

 

だから子供ができないなら離婚したほうがいいのかな、

と思い話し合ったことがあります。

 

 

私としては、子供がいなくても一緒にいたいと思っていたのですが、

夫ははっきりとそうは言ってくれませんでした。

 

 

つまり離婚もやむをえないと思っているように取れました。

結局うやむやなまま話し合いは終わったのですが、

そのことは子供ができた今でも思い出すことがあります。

 

 
子供が生まれたときも、

うれしいと同時にほっとした気持ちがありました。

 

 

これでみんなに子供はまだって聞かれなくてすむと。

 

 

運よく子供を授かれたものの、

もし授かれなかったらどうなっていたか恐ろしいです。

 

 

辛くて死にたいと思うことがよくありました。

 

 

この辛い気持ちがいつまで続くのだろうといつも考えていました。

 

 

子供が産めない年齢になったら楽になるのだろうかと思っていました。

 

 

こんな弱い人間が子育てできるのかと

不安になることもありますが、

子供ができない辛さに比べたら夜泣きも、

自分の時間がないことも、

大変ではありますが幸せに感じます。

 

 

精いっぱい頑張ろうと思っています。

スイーツ青汁 最安値 はこちら!

 

タグ :

日記

この記事に関連する記事一覧

最近の記事
記事のカテゴリー