統合失調症

どんぶり勘定主婦の貯金始めます日記

貯金ゼロの40代主婦、老後に向けて貯金始めます。

私の統合失調症


名前はやっちゃんで40歳で家族構成は旦那と2人で住んでいます。

 

 

別に私の母父兄姉姉の旦那子供たちが住んでいます。

 

私は30歳の時に病院の先生から統合失調症という病気と診断されました。

 

30歳のまでは健康な体で毎日を楽しく送っていました。

 

25歳から30歳まで一人暮らしをしていて

家賃は払わなきゃいけない買った家具の支払いはしなくちゃいけないで

仕事一身にしてきました。

 

 

30歳になったころ支払いも終わって

結婚を考えだしたころから病気が発生しました。

 

幻覚が見えたり幻聴が聞こえたりしました。

 

 

その頃から仕事に行けなくなり家に閉じこもりになってしまいました。

 

最初幻聴と幻覚は私の守護霊様のことでした。

 

私の守護霊は女神さまとパプア様と大蛇様と弟子が白蛇様。

 

と聞こえてきたり見えたりして、

体も思うように動かなくなって買い物に行くのが精一杯でした。

 

 

次に恐れていたことが誰か来た時に戸を開けると殺されるぞ

ハンマー持ってるぞ包丁持ってるぞと頭に洗脳されてお母さんが来た時も

怖くて戸を開けることができませんでした。

 

 

我慢しきれなくなった母が1階のベランダから登ってきて部屋に入ってきました。

 

母が一人暮らしの私に実家に帰るよ。

と言って私は実家に帰ることになりました。

 

私の部屋は一人部屋で、帰ってからも悲劇はつずきました。

 

今度はお化けが見えたり。死んだほうがこの苦しみからぬけだせるよ。

と苦痛に苦しみながら幻聴が聞こえてきました。

 

実家に帰ってから仕事を1年間ぐらいしなくて

地元のお寺をお線香とライターをもってお寺巡りをするようになりました。

 

 

それを繰り返しの日々を1年間つずきました。

 

それから姉の経営してる美容院で美容学校を出てた私は美容師見習いで働くようになりました。

 

その頃もあれがこうだこれがこうだといろいろ聞こえながら

体もぎこちなく動いていました。姉とはうまくやっていました。

 

美容院で働いて3年後障害者が働ける月6万のA型支援という所にはたらきにいきました。

 

 

そこには障害者の人がいっぱいいて出会いがあって付き合うことになりました。

 

5年間同棲してその頃も色々幻聴や幻覚がありました。

 

わけのわからないものが見えたり聞こえたり一人苦しんでいました。

 

 

体調が悪くなったりよくなったりです。

 

 

ひどいときはもう明日死んじゃうんだなと思わされる日もありました。

 

 

今は同棲していた彼と結婚して3年目になります。

 

これからも幻聴や幻覚の病気は治りません。

 

 

ミュゼ 予約 沖縄はこちらからしてください。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の記事
記事のカテゴリー